September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

松栄堂 お香講座@新潟市







安息香

上から沈香、中は白檀、右が伽羅

電気式香で白檀を炊いている状態

2012年10月下旬
京都の松栄堂主催のお香講座へ行って来ました。

魚沼市内にも香木を集めている方がいらっしゃって
沈香、白檀、伽羅のチップを頂いた事があります。

日本の香りの歴史を探るべく、
歴史ある京都の松栄堂主催の
香木を知る講座へ・・・

日本では平安時代に香りの文書はあったようですが
高貴なものだったので
庶民が香りを楽しめるようになったのは
鎌倉時代の東山文化くらいからだそうです。

このころから香道、茶道、華道の文化が成り立ち始めるそうです。

香木はそもそも
中国から日本に渡ってきたもので、
日本国産の香りとなると
ほんのここ数年になってからではないでしょうか?

例えば和の香り
杉、檜、黒文字、柚子、薄荷、月桃など・・・

京都 松栄堂さんの香り講座は年に1回やるかやらないかの貴重な講座だそうです。
きちんとお伝えしたいのでとおっしゃってました。
この機会にいろいろ勉強になりました。
ありがとうございました♩

問合せ
natura.slow@gmail.com または natura555@icloud.com  まで。




comments

   

trackback

pagetop